先日、北海道に家族旅行に行きました。ルスツリゾートでのんびりしたり、ラーメン食べたり、飛行機が欠航したせいで1日余計に会社を休むことになったりと、色々あったのですが、その辺はおいおいお話しさせていただくとして今日は「ザ・ティー」の話をしたいと思います。

「ザ・ティー」とは何か?皆さんも一度はどこかのホテルや旅館で見たことがあるのではないでしょうか?部屋に何気なく置いてあるパズル、それが「ザ・ティー」です。

T
中身は、以下のような感じになっていて、この4つの部品を組み合わせてアルファベットの「T」をつくるというパズルです。

箱の中

ちなみに、俺は過去にも何度かやったことがあるにも関わらず、完成に10分程掛かってしまいました。舐めてかかりがちですが、これ結構難しいです。

それにしても、このパズル「ザ・ティー」。何故、全国の旅館やホテルにおいてあるのでしょうか?業界の不文律でもあるのでしょうか?

完成

調べてみると、「ザ・ティー」はパズル作家として著名な芦ヶ原伸之さんによってプロデュースされたものだそうです。 wikiによると「マジカル頭脳パワー」や「レイトン教授」の監修なんかも手掛けているとか。

Twitterのbotアカウントも存在して、そこでは以下のようなつぶやきもされています。

「ザ・ティー」が意外と凄いパズルであるということはわかったのですが、何故ホテルや旅館業界で幅をきかせているのかについては今回はわかりませんでした。わかる方教えてください。

ともあれ、なかなか手強いので皆さんも旅先で見かけたら試しにチャレンジしてみてくださいな。

NOB PUZZLE The-T [パズル ザティー]
ディー・ワン・プロダクツ
売り上げランキング: 2,495

ちなみに、「ジ・エフ」というパズルもあるそうですw。

NOB PUZZLE The-F [パズル ジ・エフ]
ディー・ワン・プロダクツ
売り上げランキング: 31,265