出版市場の苦境が叫ばれて久しいです。公益社団法人全国出版協会が公表したデータによると、昨年は特に雑誌市場の凋落が顕著だったようです。

2017年の紙の出版物(書籍・雑誌合計)の推定販売金額は前年比6.9%減の1兆3,701 億円で13年連続のマイナスとなりました。内訳は書籍が同3.0%減の7,152億円、雑誌は同10.8%減の6,548億円。

(中略)

雑誌は初の二桁減で、内訳は月刊誌(ムック、コミックス含む)が同11.1%減、週刊誌が同9.2%減となりました。定期誌が約9%減、ムックが約10%減と落ち込んだほか、コミックス単行本が約13%減と大幅に減少しました。

2017年の出版市場発表

ここ数年、良くも悪くもメディア業界の主役であり続けた「週刊文春」の部数については、これまでも定期的にチェックしてきました。

新谷編集長が就任した後の「週刊文春」の部数の推移を調べてみた
スクープ連発しても、「週刊文春」の印刷部数は低下傾向。雑誌のデジタル化は加速しそう…

前回調べてから、かなり時間がたっているので、改めて現状を整理してみました。

「週刊新潮」は1年間で5万部減…


無題

例によって「一般社団法人 日本雑誌協会」のデータを元に「週刊文春」と「週刊新潮」の部数を比較したのが上図です。

これを見ると、右肩下がりではあるものの、ここ数年60万部代で粘っている「週刊文春」に対して、「週刊新潮」の凋落が顕著になります。ここ10年で30万部、直近1年でも5万部、部数を落としています。

こうして見てみると、雑誌市場の未来は暗いわけですが、冒頭で引用した公益社団法人全国出版協会の調査では、電子版の増加も指摘しています。

2017年の電子出版市場は前年比16.0%増の2,215億円。内訳は電子コミックが同17.2%増の1,711億円、電子書籍(文字もの)が同12.4%増の290億円、電子雑誌が同12.0%増の214億円となりました。

紙の雑誌で減った売上「6,548億円」に対して、電子で増えた売上「214億円」なので、減少分が多いのが現状のようですが、それでも電子市場は広がりつつあります。

ここ数年、指摘され続けていることではありますが、違法アップロードサイトなどがはびこる中で、如何に電子市場の売上を伸ばしていくのかが、出版業界の課題になりそうです。

「週刊文春」編集長の仕事術
新谷 学
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 47,751