平日のランチは基本的に弁当派の僕ですが、週1回だけお店で食べる日があります。多くの場合、ラーメン凪で赤王を食べてるわけですが、先日ちょっと気になるお店を見つけました。



それが、ここ「香港ロジ」。渋谷の東口を出て明治通りを代官山方面に300mぐらい進んだところにあります。駅から直接なら新南口が最寄でしょう。

この店の前に張り出されていたメニュー、「麻辣牛バラ煮込み麺」に僕の目は釘付けになりました。辛いもの好きなら絶対にチャレンジしたくなる一品です。



「香港ロジ」は原則おかゆのお店らしいのですが、知ったことではありません。見てください、「麺が鍋に入っている」という絵のパンチ力を。男の子なら絶対食べたくなっちゃいますよね。

僕も最近は健康を気にしてバーニャ・カウダとか喰ってますけど、このときばかりはそんなものじゃ満足できません。



鍋の中でグッツグツに煮込まれた麺をハフハフ言いながら口に運んでいきます。当然のように口の中を火傷するわけですが、それコミで美味い。もはや「口の中を火傷する」というストーリーとセットになった食い物といっても過言ではない。



ちょっと油断するとカメラがくもってしまうぐらい熱いです。そして、そんな熱々のスープで煮込まれて柔らかくなった牛バラがまた美味い。唐辛子的な「辛」ではなく、山椒的な「辣」のスープの美味さが凝縮されてます。



しかも、食べても食べてもなくならない。熱さと辛さで、冬なのにこっちは汗ダクダクです。生まれたての鳥みたいに顔中から汗が吹き出てきます。



やっとの思いで完食。いやー美味しかった。



セットでついてくる杏仁豆腐でヒリヒリする舌を癒せば大満足です。1080円とちょっと高めですが、手軽なデトックスを兼ねた食事と思えば安いもの。辛い物好きは是非チャレンジしてほしいですね。

=================================
Twitter→
フィード登録はこちら→follow us in feedly