「いまさら!」「またかよ!」的な話ですが、来年は改めて気合入れてブログを書くことにしたので、今年のうちから、頑張る次第です。

ところで11月に娘の誕生日祝いに静岡県にある「ぐりんぱ」なる遊園地に行ってきました。貧困なボキャブラリーで恐縮ですが、一言でいうと「マジで広大」です。

2016-11-05-11-31-56

入園すると、水上アスレチック「かっぱ大作戦」が出迎えてくれます。

2016-11-05-11-28-21

うちの4歳の息子には少々厳しめでしたが、小学生低学年ぐらいまでのお子様にはうってつけの難易度です。

2016-11-05-11-33-58

ガチで水に濡れる可能性も考慮して着替えの準備があったほうがよいでしょう。

2016-11-05-11-38-33

「カッパ天国」など序盤も序盤

「カッパ天国」を通過すると、シルバニアファミリーがお出迎え。

image

大きな小動物(矛盾)たちと写真撮影が出来ます。

2016-11-05-11-58-12

シルバニアビレッジの隣には、ビニール製のトランポリンや迷路などで構成された「ふわふわカーニバル」が待ち構えています。

2016-11-05-12-07-34

隣の丘では、芝ソリを楽しむことができます(標高が高いので霧がモクモク)。

2016-11-05-14-51-37

あいにくのお天気でも何とかなる

「せっかく遠くまで来たのに当日が雨だった…」なんてこともあるかもしれません。それでもグリンパに死角はありません。屋内施設「キッズフジQ」も驚きの充実ぶりなのです。

2016-11-05-14-14-29

未就学児なら、ここだけで1日過ごせるかもしれないというぐらい充実してます。

2016-11-05-13-42-21

ここからさらに迷路に観覧車…と盛りだくさん過ぎる

我が家の6歳&4歳児コンビにとっては、ここまでで十分すぎたのですが、ここからさらに巨大迷路が登場するのが、ぐりんぱの恐ろしいところ。霧が深すぎて、山賊のアジトみたいに見えます。今にも伏兵が出てきそう。

2016-11-05-14-57-36

我が家は巨大迷路をクリアした後にギブアップしたのですが、その他にも季節ごとに様々なアトラクションが用意されています。小学生向けのハードなアスレチックや、冬場のスケートリンクなど、1日で消化しきるのは難しそう。

僕自身、散々子どもたちと遊んだ後、東京まで運転して帰ったので、体力的にかなりしんどかったです。よって、お出かけになる際は、泊まりでそれなりの覚悟を持って行くことをオススメしたいです。

小学校高学年ぐらいまでの子どもたちがバッチリ楽しめる充実の施設になってますが、ファミリーで行くとそれなりの金額がするので、各種割引を使った方がよいでしょう。

=================================
Twitter→
フィード登録はこちら→follow us in feedly