子どもにおとなしくしていてほしい時に、iPhoneでyoutube見せたりすることって多いですよね。

そもそも、youtubeを見せることに否定的な方もいると思うんですけど、背に腹はかえられません。家事や仕事で充分に子どもの相手をできない時に緊急避難的に見せるのは仕方ないと思いますし、わが家では結構あります。

んで、そういうときに、最近子どもたちが「HikakinTV」を見たがるんですよね。

無題

正直、すげぇしょうもないと思うんですよ。見てもためにならないですし。

もちろん、他のアニメ動画などを見たとして、それが「役に立ってる」とは言えないでしょう。でも、家に帰って子どもからヒカキンの話とか聞くのが超苦痛なんですよね。だから、出来れば見せたくない。ただ、実際問題どこまで強く制限するかって悩んじゃうんですよね。

自分だって純粋培養されたわけではないけれど・・・


僕だって小さい頃から、親が「しょーもない」と言うようなものを見たり、読んだりしてきました。小学校の頃に、荒木飛呂彦先生の「ゴージャスアイリン」を読んでて、母親にキレられたことを鮮明に覚えています。

ゴージャスアイリン (ジャンプスーパーコミックス)
荒木 飛呂彦
集英社クリエイティブ
売り上げランキング: 183,778

あと、従兄弟が「寄生獣」を読んでいることに対して祖母と叔母さんが、「なんか変なマンガ読んでるのよー!」と嫌悪感丸出しで語っていた記憶があります。

寄生獣(1) (アフタヌーンコミックス)
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 7,119

どんなに制限したって、親から見れば“毒”かもしれないものを、それなりに摂取して人は大人になっていくものだと思います。いろんなものに触れる中で、自らの価値観を育んでいけばいいですし、そういう意味でも過剰な制限こそ逆効果だとも思います。

でも、「ヒカキンはないわ」と思っちゃうんですよね。子どもに素朴に「なんでダメなの?」と聞かれても明確な理由を説明することは難しいので、僕の純粋な好みなのでしょう。

こう凄い瑣末なことなんですけど、「親のエゴ」みたいなものを、どこまで子どもに押し付けるか、という深遠なテーマを含んでいるように思いました。だってねぇ、おっさんがはしゃいでる動画みたって仕方ないじゃないですか。。。

=================================
Twitter→
フィード登録はこちら→follow us in feedly