夏休みのレジャーも一段落といったところですが、週末ともなれば、どこかしら遊びに行きたがるのが子供というもの。毎週、毎週近所の区民広場でやり過ごすのにも限界があるので、今週末は有明にある 東京都水の科学館に行ってきました。



ここは東京都水道局が運営している施設で、大変ありがたいことに入館料が無料です。



展示内容はというと、施設名の通り、水に関わるものが中心になっているのですが、小学校低学年ぐらいまでの子供にはかなり魅力的な内容になっています。写真は入ってすぐに展示されているプール。ここに船を浮かべたりして遊べます。



水鉄砲打ったりもできます。



個人的にいいなと思ったのは2~3階の展示です。3階では、美しい水の源が森であることを丁寧に説明する展示があります。森に住む生き物なども紹介されており、子供たちにとっても興味が持ちやすい内容になっています。



2階は、水に関する化学実験やろ過技術の仕組みなどを知ることが出来ます。社会化見学みたいな内容ですが、それほど押し付けがましくないので、結構楽しめます。



水道局の取り組みを広報するという意味では、非常によい「オウンドメディア」だと思いました。楽しみながら、ためになる情報をも得られますし、小さい子がいる家庭にとってはおススメ施設だと思います。

ちなみに、昼食は目の前の武蔵野大学構内にあるロハスカフェを利用するのがよいでしょう。



大坪 亮一
東宣出版
売り上げランキング: 678,160

=================================
Twitter→

フィード登録はこちら→ follow us in feedly