今日は週に1度の弁当なしの日。渋谷ランチを堪能すべく、僕が向かったのは「ラーメン凪 豚王」でした。

凪外観

豚骨ラーメンの名店として有名なのですが、辛い物好きの僕はいつも「赤丸」という激辛メニューをチョイスしています。1〜100まで調節可能なのですが、辛さのレベルは、注文の際に「1でも充分辛いですが」と店員さんから注意が入るほど。

「だから、俺は中本で鍛えたって言ってんだよ!」と思いながら今日は10を頼みました。

凪

流石にもの凄い赤いですね。正直、辛い物好きでも5ぐらいが適正だと思います。ただ、あるじゃないですか。ちょっと背伸びしてみたい時期っていうか、俺も「まだまだ若いんだぜ」みたいに周りにアピールしたい瞬間というのが。

凪2

食ってみたら、当然だけど辛かった。中本とは違う種類の辛さですが、食い終わった後は軽くスコールに遭った後みたいに汗かきました。明日の朝の腹の調子が心配です。

と、いうわけで中本の北極ラーメン好きの方でも5程度が適正値だと思います。あと、隣で替え玉しまくってた大学生の集団は孤独のグルメの以下のセリフを100回となえて反省してください。人がこれから飯食おうって言うのに「もう小麦粉のにおいだけで吐きそう」とか言うなよ…。
「モノを食べる時はね 誰にも邪魔されず 自由で なんというか 救われてなきゃあ ダメなんだ」「独りで静かで豊かで……」

孤独のグルメ (扶桑社文庫)
久住 昌之 谷口 ジロー
扶桑社
売り上げランキング: 2,778
=================================
Twitter→

フィード登録はこちら→follow us in feedly