特集内容から想定される「文藝春秋」読者の高齢化

それにしても、この雑誌の筆頭特集は、年々こういうものばかりになってきている。

「特別企画 弔辞」(今月号)に始まり・・・

世界の「死に方」と「看取り」(11月号)

「死と看取り」の常識を疑え(8月号)

隠蔽された年金破綻(7月号)

医療の常識を疑え(6月号)

読者投稿 うらやましい死に方2013(2013年12月号)

これらがこの雑誌の主たる読者層の関心事である(と編集部が認識している)ことはよく分かる。よく分かるが、こればかりやっていれば雑誌に未来がない、ということは厳然とした事実だよね。

【寄稿】『文藝春秋』12月号にて「イスラーム国」をめぐる日本思想の問題を


冒頭の文章は、個人的に今最も読むべきだと思っているブログ、池内恵先生の「中東・イスラーム学の風姿花伝」からの引用です。このブログは現在問題になっているイスラム国の問題などについて、専門家である池内先生が解説しているのですが、内容が勉強になることに加えて、雑誌などでは見られない率直な筆致が非常に面白いです。

このエントリの中で、池内先生はWebテキストの時代において紙媒体に寄稿することの意義を以下のように述べています。

はっきり言えば、このテーマはもうウェブに出してしまった方が明らかに効率がいい。ウェブを読まない、日本語の紙の媒体の上にないものは存在しないとみなす、という人たちはもう置いていってしまうしかない。なぜならばこれは日本の将来に関わる問題だから。

国際社会と関わって生きている人で「日本語の紙の媒体しか読みません」という人はもはや存在しないだろう。

私としては、『文藝春秋』に書くとは、今でも昔の感覚でいる人たちのところに「わざわざ出向いて書いている」という認識。

なぜそこまでするかというと、ウェブを読まない、しかし月刊誌をしっかり読んでいる層に、それでもまだ期待をしているから。少なくとも、決定的に重要な今後10年間に、後進の世代の困難な選択と努力を、邪魔しないようにしてほしいから。

【寄稿】『文藝春秋』12月号にて「イスラーム国」をめぐる日本思想の問題を


この問題意識は非常に興味深いものがありますね。

ここ10年でこういう特集ってどんだけ増えてんの?

S__6037513
それはさておき、僕は冒頭の特集内容の羅列の部分が気になりました。確かに、こんなに「病気」「死」といったテーマを身近に感じている読者は高齢者だけでしょう。しかも、これだけの頻度で特集化されているということは、それなりに読者受けがいいと考えられます。

つまり、ここ10年ぐらいでこういう特集の頻度が増えてれば、読者の高齢化が顕著だよね!ということが言えるんじゃないか、と考えたのです。(最近、統計学の本を読んだばっかなので、テキストマイニングみたいなの試してみたかった。)



結論から言うと、それほど劇的に増えていませんでした。「死」をテーマにした特集は、確かに、2014年は12月号「弔辞 鮮やかな人生に鮮やかな言葉」、11月号「総力取材 世界の『死に方』と『看取り』」、8月号「大型企画 『死と看取り』の常識を疑え」と年間3本やっていますが、この手の特集は1999年11月特別号「読者投稿30篇 うらやましい死に方 選・五木寛之」以来、年に0〜1回やっています。なので、今年が回数を増やしているだけで、増加傾向という訳ではないようです(1994年からの特集一覧は文末)。

1994年から98年までの5年間は、年間を通して政治・社会問題のみを取り扱ってきたことを考えれば強引に「近年増えている」ぐらいのことは言えるかもしれませんが、それもこじつけのレベルですね。

ただ、この「雑誌の特集内容から社会傾向や読者の変化を読み取る」みたいなテーマは結構面白そうだと思いました。こういう研究結果ってどこかにあるんでしょうか。今度探してみます。あと、ここ20年の文藝春秋の特集はザクっと表にまとめたので、ここから何か読み取れる方は教えてください。

年月号特集
2014年12月号弔辞 鮮やかな人生に鮮やかな言葉
2014年11月号総力取材 世界の「死に方」と「看取り」
2014年10月号「昭和天皇実録」の衝撃
2014年9月特別号芥川賞発表 受賞作全文掲載
2014年8月号大型企画 「死と看取り」の常識を疑え
2014年7月号隠蔽された年金破綻
2014年7月臨時増刊号日本の美しい女(ひと)
2014年6月号大特集 医療の常識を疑え
2014年5月号立花 隆 生命の謎に挑む
2014年4月号大特集 第二の敗戦 団塊こそ戦犯だ
2014年3月特別号第150回芥川賞発表
2014年2月特大号総力特集 「20年後の日本」への50の質問
2014年新年特別号特別企画 世界が驚愕した日本人54人
2014年1月臨時増刊号近藤誠 何度でも言う がんとは決して闘うな!
2013年12月号うらやましい死に方2013
2013年11月号大型企画 歴史の常識を疑え
2013年10月号日中韓百年戦争
2013年9月特別号第149回 芥川賞発表
2013年8月号池上彰 連続インタビュー あなたは日本をどう変えますか
2013年7月号大型特集 父への手紙、母への手紙
2013年6月号原発事故と太平洋戦争 日本型リーダーはなぜ敗れるのか
2013年5月号大型企画 医療と健康の常識を疑え/奇跡の日本経済復興論/皇太子 おひとりのご公務
2013年5月臨時増刊号文藝春秋90周年記念 鮮やかに生きた昭和の100人
2013年4月号安倍内閣は日本を救えるか/天皇家と東宮家「それぞれの家計簿」
2013年3月特別号第148回 芥川賞発表/生誕90周年記念特集 司馬遼太郎が見たアジア
2013年2月特大号独占手記 丹羽宇一郎前中国大使 日中外交の真実
2013年新年特別号完全保存版 創刊90周年記念 日本人「最後の決断」
2012年12月号大特集 日本人と中国人 「宿命の対決」
2012年11月号総力特集 日中文明の衝突
2012年10月号「国会改革」憂国の決起宣言
2012年9月特別号第147回 芥川賞発表
2012年8月号前皇室医務主管 独占インタビュー 天皇皇后両陛下の「主治医」として
2012年7月号徹底追及 平成政治24年 亡国の「戦犯」
2012年6月号人物研究 橋下徹 12人の公開質問状
2012年5月号新・日本の自殺
2012年4月臨時増刊号文藝春秋 NEXT 危機を生き抜く!
2012年4月号日本をギリシャにせぬために
2012年3月臨時増刊号3・11から一年 100人の作家の言葉
2012年3月特別号第146回芥川賞発表
2012年2月臨時増刊号諸君! 北朝鮮を見よ
2012年2月号嗚呼「同級生」 たかが同い年されど同い年
2012年 新年特別号[問題提起 民主政権下で] 平成が終わる日/清武英利独占手記
2011年12月号アンタッチャブル事件史 真相開封35/尾崎豊の「遺書」全文
2011年12月臨時増刊号「坂の上の雲」 日本人の勇気
2011年11月特別号田中角栄の恋文/100歳まで元気な人の秘密
2011年10月特別号最強チームの法則/原発 私は警告する
2011年9月特別号運命を変えた手紙/芥川賞発表
2011年9月臨時増刊号吉村昭が伝えたかったこと
2011年8月特別号心に灯がつく人生の話 今こそ聞くべき名講演10
2011年8月臨時増刊号つなみ 被災地のこども80人の作文集
2011年7月号大研究 悔いなき死 鮮やかに生きるための心得
2011年6月特別号文藝春秋88年が伝えた震災・津波・被曝の証言/被災地で子供たちが書いた作文
2011年5月特別号[東日本大震災] 天皇皇后両陛下の祈り/日本人の再出発
2011年4月特別号これが私たちの望んだ日本なのか
2011年3月特別号第144回 芥川賞発表
2011年2月号中国とこれからの「正義」の話をしよう
2011年 新年特別号弔辞 劇的な人生に鮮やかな言葉
2010年12月号安保と青春 されどわれらが1960
2010年12月臨時増刊号「坂の上の雲」日本人の奇跡
2010年11月号医療の常識を疑え 「安心して死ねる病院」ベスト10
2010年10月号真相 未解決事件35
2010年9月特別号芥川賞発表 受賞作全文掲載
2010年8月号的中した予言50
2010年7月号[一学究の救国論] 日本国民に告ぐ/井上ひさし「絶筆ノート」全文掲載
2010年6月号[オバマの決断] 爾後、鳩山政権ヲ対手トセズ
2010年5月号「たちあがれ日本」結党宣言
2010年4月号天皇の執刀医が小沢一郎に直言す
2010年3月特別号芥川賞発表/わが第三極宣言 渡辺善美
2010年2月号「10年後の日本」復活のシナリオ
2010年 新年特別号昭和の肉声 [60人]
2009年12月号[御即位20年の十大事件] 雅子妃が変えた平成皇室
2009年12月臨時増刊号『坂の上の雲』と司馬遼太郎
2009年11月号小沢一郎 「新闇将軍」の研究
2009年10月号8・30ドキュメント 戦後日本のいちばん長い日
2009年9月特別号芥川賞発表 受賞作全文掲載
2009年8月号鳩山邦夫 大いに吼える
2009年7月号鳩山由紀夫わが政権構想 猛獣小沢をこう使う
2009年6月号「4年で4人」 総理の通信簿
2009年5月特別号[ご成婚50周年] 美智子妃誕生
2009年4月号教科書が教えない昭和史 あの戦争は侵略だったのか
2009年3月特別号芥川賞発表 受賞作全文掲載
2009年2月特別号秋篠宮が天皇になる日
2009年 新年特別号昭和の遺書[53通]
2008年12月号世界同時不況
2008年11月号麻生自民vs小沢民主
2008年10月号新・東京裁判 国家を破滅に導いたのは誰だ
2008年9月特別号芥川賞発表 受賞作全文掲載 楊逸『時が滲む朝』
2008年8月号皇太子、雅子妃 両殿下への手紙 ― 批判の嵐の中で
2008年7月号司馬遼太郎 日本のリーダーの条件
2008年6月号零戦と戦艦大和 世界最高兵器の栄光と悲惨
2008年5月号能力革命
2008年4月臨時増刊号ニッポン再発見 もうひとつの京都
2008年4月号天皇家に何が起きている/僕はがんを手術した 立花隆/[徹底診断] 日本の実力
2008年3月特別号芥川賞発表 受賞作全文掲載 川上未映子『乳と卵』/受賞者インタビュー
2008年2月特別号[ドキュメント] 見事な死 阿久悠から黒澤明まで著名人52人の最期
2008年 新年特別号暴走官僚 エリートたちが日本を食い荒らす
2007年12月号教養立国ニッポン 藤原正彦
2007年12月臨時増刊号おとなの居場所 おとなの銀座
2007年11月号帝国海軍vs米国海軍 日本はなぜアメリカに勝てないのか
2007年10月号最高の医療 カリスマ医師10人 治療革命/日野原重明 健康10カ条
2007年9月特別号芥川賞発表 受賞作全文掲載
2007年8月号昭和の海軍 エリート集団の栄光と失墜
2007年7月号城山三郎 絶筆55枚 『私の履歴書―昭和を生きて』
2007年6月号大研究 昭和の陸軍 なぜ国家を破滅させたのか
2007年5月号衝撃の予測 10年後の「人口減少社会」
2007年5月臨時増刊号黄金の10年へ
2007年4月特別号昭和天皇 戦時下の肉声
2007年3月特別号芥川賞発表 受賞作全文掲載
2007年2月特別号[創刊85周年記念] 栗林中将 衝撃の最期/完全保存版 日本の親子100人
2007年2月臨時増刊号ああ、結婚! おお、夫婦!
2007年 新年特別号新・がん50人の勇気 昭和天皇から本田美奈子まで
2006年12月号子供を殺すのは教師か親か
2006年11月号団塊世代「幸福への一千日計画」
2006年11月臨時増刊号教育の力を取り戻す
2006年10月臨時増刊号悠々として急げ
2006年10月号紀子妃ご出産と皇室の運命
2006年9月特別号芥川賞発表 受賞作全文掲載
2006年8月号大論戦 8.15小泉靖国参拝
2006年8月臨時増刊号私が愛する日本
2006年7月号愛国心大論争
2006年6月号衝撃予測 10年後の「団塊」
2006年5月特別号完全保存版 われらの昭和30年
2006年5月臨時増刊号心と身体の処方箋
2006年4月号皇太子と雅子妃 苦悩の決断
2006年3月特別号芥川賞発表 受賞作全文掲載
2006年2月特別号鮮やかな「昭和人」50人
2006年2月臨時増刊号司馬遼太郎ふたたび 日本人を考える旅へ
2006年 新年特別号時代を読み解く三つの言葉
2005年12月号奪われる日本 「年次改革要望書」米国の日本改造計画
2005年11月号日本敗れたり あの戦争になぜ負けたのか
2005年11月臨時増刊号一冊の本が人生を変える
2005年10月号日本の選択 9・11総選挙と官僚支配
2005年9月特別号芥川賞発表 受賞作全文掲載
2005年8月号日中韓「靖国参拝」大論争
2005年8月臨時増刊号昭和と私 激動の時代を語り継ぐ
2005年7月号JR西日本 高見運転士「二十通の反省文」
2005年6月号証言1970-72 三島由紀夫自決から連合赤軍事件まで
2005年5月号平成ホリエモン事件
2005年5月臨時増刊号成功の極意
2005年4月号[戦後60周年企画第2弾] 消えた「昭和」
2005年3月臨時増刊号言葉の力 生かそう日本語の底力
2005年3月特別号芥川賞発表 受賞作全文掲載/[皇室特集] 雅子妃を抱きしめた皇后さま
2005年2月特別号[戦後60周年総力特集] 1945
2005年 新年特別号各界著名人58人が望む 理想の死に方
2004年12月臨時増刊号夏目漱石と明治日本
2004年12月号大会議 中国爆発
2004年11月号元国会議員が実名証言 「海老沢NHK」政界工作を暴く
2004年10月号タカラジェンヌと創価学会
2004年9月臨時増刊号和の心 日本の美
2004年9月特別号芥川賞発表 『介護入門』 モブ・ノリオ
2004年8月号ザ・トヨタ 「純利益一兆円」企業の研究
2004年7月臨時増刊号第二の人生 暮しの設計図
2004年7月号[核心証言] 雅子妃 その悲劇の全真相/小泉再訪朝の誤算
2004年6月号300万人患者への指針 「がんの時代」を生きる
2004年5月号緊急討論 「年金食いつぶし」官僚弾劾裁判
2004年4月特別号250万人が読んだ 芥川賞二作品の衝撃
2004年3月臨時増刊号犬のいる人生 犬のいる暮らし
2004年3月特別号芥川賞発表 金原ひろみ『蛇にピアス』/綿矢りさ『蹴りたい背中』
2004年2月特別号20人の未来予測 「次の十年」はこうなる
2004年 新年特別号死に物狂いで成長を実現せよ 奥田碩/ソニー神話は五度崩壊した 出井伸之
2004年1月臨時増刊号蘇れ!メイド・イン・ジャパン
2003年12月臨時増刊号生きる知恵 生きる力
2003年12月号教祖と女帝の総選挙 真紀子と池田大作「審判の日」
2003年11月号皇后美智子さま51人の証言
2003年10月号「NHKの首領」海老沢勝二
2003年9月号芥川賞発表
2003年8月号「宰相の器」 石原慎太郎連続対論
2003年7月臨時増刊号大養生 百歳人生の健康読本
2003年7月号昭和天皇 国民への謝罪詔書草稿 全文掲載
2003年6月号「安全大国」 日本の不安
2003年5月特別号イラク戦争 私の視点 「追う者と追われる者は、共に神の名を口にする」
2003年4月特別号フセインの罠、金正日の挑発
2003年3月特別号芥川賞発表 受賞作全文掲載
2003年2月号失わなかった十年 輝き続ける30人!
2003年 新年特別号医者も病院も味方にする
2002年12月号日本大変! 論客10人の経済大討論
2002年11月号「李恩恵は地下室で殺された」 人民軍エリート驚愕の証言テープ
2002年10月号アメリカ不信
2002年9月特別号芥川賞発表 受賞作全文掲載
2002年8月号中国不信
2002年7月号「小泉は41点」記者108人アンケート
2002年6月号田中真紀子と角栄の遺伝子
2002年5月号鈴木宗男 松岡利勝 利権の共謀
2002年4月号小泉骨太改革は破産した!
2002年3月特別号芥川賞発表 受賞作全文掲載
2002年2月特別号創刊80周年記念
2002年 新年特別号遺書 80人 魂の記録
2001年12月特別号塩野七生「日本人へ!ビンラディンにどう勝つか」
2001年11月特別号立花隆「自爆テロの研究」
2001年10月号中国、この厄介な隣人
2001年9月特別号芥川賞発表 受賞作全文掲載
2001年8月号国民はいつ目を醒ますのか
2001年7月号宰相 小泉純一郎の誤算
2001年6月号姉 向田邦子の「遺書」
2001年5月号これでいいのか子供の教科書
2001年4月特別号病院に殺されないために
2001年3月特別号芥川賞発表 受賞二作全文掲載
2001年2月号[金大中事件衝撃の告白] 私は見た 田中角栄「四億円受け取り」の現場
2001年 新年特別号20世紀最後の秘話
2000年12月号「バスジャック少年」両親の手記
2000年11月号「なぜ人を殺してはいけないのか」と子供に聞かれたら
2000年10月号花田憲子手記 私はなぜ「沈黙」を守ったか
2000年9月特別号芥川賞発表 受賞二作全文掲載
2000年8月号みんな嘘をついた 栃木リンチ事件 両親の手紙
2000年7月号夫・小渕恵三「病室」の真実
2000年6月号ドン野中広務「私はいつも悪役なんだ」
2000年5月号新・階級社会ニッポン
2000年4月号読者投稿30篇 伴侶の死 選・平岩弓枝
2000年3月特別号芥川賞発表 受賞二作全文掲載
2000年2月特別号各界著名人285人が体験した 20世紀 衝撃の一日
2000年 新年特別号私たちが出会った20世紀の巨人
1999年12月号第一勧銀 巨額不良債権を暴く
1999年11月特別号読者投稿30篇 うらやましい死に方 選・五木寛之
1999年10月特別号特別掲載 天皇陛下 御執筆原稿
1999年9月特別号追悼 江藤 淳
1999年8月号議員告発 「北朝鮮兵器」日本企業リスト
1999年7月号特集 被告はアメリカだ 東京裁判'99
1999年6月号石原慎太郎vs五木寛之
1999年5月号江藤淳 愛妻への鎮魂記「妻と私」
1999年4月特別号初公開保存版 黒澤明が選んだ百本の映画
1999年3月特別号芥川賞発表 受賞作全文掲載
1999年2月特別号二〇世紀 知の爆発 立花 隆
1999年新年特別号特集 マネー敗戦 逆襲せよ、日本!
1998年12月号平成日本 50人のレクイエム
1998年11月号通産省の恥部を告発する
1998年10月号わが救国宣言 梶山静六
1998年9月特別号芥川賞発表 受賞二作全文掲載
1998年8月号政・官・財・文化人大アンケート 二十世紀図書館
1998年7月特別号林郁夫手記 250枚 「オウムと私」
1998年6月号日本興国論 梶山静六
1998年5月号堕ちよ、日本 石原慎太郎
1998年4月特別号少年A検事調書の衝撃
1998年3月特別号芥川賞発表
1998年2月特別号創刊75周年
1998年1月新年特別号日本 第二の敗戦
1997年12月号大不況を覚悟せよ
1997年11月号美智子皇后 封印された悲しみ
1997年10月号特集 子どもが変だ!
1997年9月特別号芥川賞発表
1997年8月号サカキバラとその同族
1997年7月特別号歴史スクープ 香港密約
1997年6月号特集 ペルー人質解放/國松前長官独占手記
1997年5月号特集 平成企業犯罪白書
1997年4月特別号脳治療革命 柳田邦男
1997年3月特別号芥川賞発表
1997年2月特別号断筆解禁宣言 筒井康隆
1997年1月新年特別号北朝鮮 日本人拉致組織「洛東江」の二十年
1996年12月号ソニーを喰ったハリウッドのワルたち
1996年11月号政界迷走1200日の総決算
1996年10月号反戦政治家・大田昌秀氏の正体
1996年9月特別号芥川賞発表
1996年8月号日本の岐路を問う
1996年7月特別号内部資料 学会選挙の深層
1996年6月号総力特集 報道よ、驕るなかれ
1996年5月号独占公開 渡辺美智雄「極秘日記」
1996年4月号さようなら司馬遼太郎さん
1996年3月特別号芥川賞発表
1996年2月特別号連合赤軍「あさま山荘」事件
1996年新年特別号大和銀行 井口俊英被告「告白状」独占公開
1995年12月号現地報告 大和銀行の隠蔽工作
1995年11月号徹底追及 大蔵官僚を弄んだ男
1995年10月特別号オウム真理教 天皇家暗殺計画の衝撃
1995年9月特別号芥川賞発表
1995年8月号美しき日本人50の肖像
1995年7月号書かれざる重大事件
1995年6月号オウム真理教武装クーデター計画の全容
1995年5月号オウム真理教脱走者の手記
1995年4月号「政界仕掛け人」大いに語る
1995年3月号阪神大震災
1995年2月号孤独なリーダー「政治屋」小沢一郎
1995年新年特別号戦後50大事件の目撃者
1994年12月号与党税調「密室の議事録」全公開
1994年11月号日本の官僚「政と官」の対決
1994年10月号政界人物研究 田中眞紀子「仮面」の裏側/小沢一郎との訣別
1994年9月号芥川賞発表/堤義明「コクド」の研究
1994年8月号初公開 松本清張創作ノート/金日成主席父子の正体
1994年7月号最新・東洋事情/「宮本顕治スパイ査問事件」の新事実
1994年6月号特集 政界激震/古代史大論争
1994年5月特別号創刊1001号記念号
1994年4月特別号創刊1000号記念
1994年3月号芥川賞発表
1994年2月号特集 田中角栄と日本人
1994年新年特別月号特集 宗教と政治
出典: バックナンバー一覧 - 文藝春秋