「世界は誰かの仕事で出てきている」。
 この本を読んだときに思い浮かんだのは、某缶コーヒーのキャッチフレーズでした。



――2011年3月11日、宮城県石巻市の日本製紙石巻工場は津波に飲みこまれ、完全に機能停止した。
製紙工場には「何があっても絶対に紙を供給し続ける」という出版社との約束がある。
しかし状況は、従業員の誰もが「工場は死んだ」と口にするほど絶望的だった。
にもかかわらず、工場長は半年での復興を宣言。

その日から、従業員たちの闘いが始まった。

hayakawa online


この作品の舞台となっているのは、日本製紙石巻工場。日本の出版用紙の4割は、この工場で生産されているそうです。通勤電車に座ってページを広げる本や、キオスクで買う雑誌には、この工場で作られた紙が使われているのかもしれません。

紙
工場で作られた文庫用紙

この本を読むと、自分が何気なく過ごしている日常の中には、“誰かの仕事”の結果が溢れているんだ、と感じることが出来ます。書籍の電子化や活字離れなど、出版業界を取り巻く状況は厳しそうですが、そういう中でも真摯に自分の仕事に取り組んでいる人の物語を読むと、やっぱりグっとくるんですよね。

そして、以下の一文を読んで、ギクッとする出版関係者は少なくないんじゃないでしょうか。
サーモンはノルウェーで獲れることを知っている。バナナはフィリピンで採れることも、差サトウキビが沖縄で採れることも知っている。しかし、私たちは雑誌用紙がどこからやってくるのかを知らなかった。それは出版に携わる者にとって恥ずべきことに違いない。

僕も新卒から数年、出版社で働いてきましたが、考えたこともありませんでした。著者である佐々涼子さんは、書籍と紙の関係を、以下のように表現するのですが、本当にその通りだな、と思いました。

読書では、ページをめくる指先が物語にリズムを与える。人は無意識のうちに指先でも読書を味わっているのだ

被災した石巻工場では、従業員の誰もが傷ついていたそうです。親類縁者を津波で亡くしたり、避難後に助けを求める人を救いきれなかった罪悪感に苛まれたりといった経験を多くの人がしたそうです。

そうした経験を乗り越えて、少しでも前向きに、少しでも元気を出して瓦礫除去に取り組もうと思って作業していると、悲しみを抱えた近所の方に「何を笑ってるんだ」と言われたり、全国の工場から支援物資が寄せられたことで、「日本製紙が物資を独り占めしている」というデマが流れたり…。

この工場で働いている誰もが当たり前のように辛い経験をしながらも、何事もなかったかのように日々業務をこなし、自分の生活の中の、普段意識しない部分にその成果が入り込んできてると思うと、何だかたまらない気持ちになって、不覚にも少し泣いてしまいました。

出版関係者、出版業界を目指す学生など、普段から、紙の書籍に親しんでいる方々には是非読んでいただきたい作品でした。

本業では、実際に工場にお伺いして、その様子をレポートしてるので、よろしければ、どうぞ。

震災から3年半。出版業界の屋台骨を支える日本製紙石巻工場の今震災から3年半。出版業界の屋台骨を支える日本製紙石巻工場の今