昨年末、天皇杯の準決勝、FC東京VS広島の試合を国立競技場まで見に行きました。

観客

横浜FCがJ1に昇格した2006年は、毎週のように三ツ沢に通っていましたが、ここ数年はスタジアムからすっかり足が遠のいていました。

S__5005319

監督

いただきもののチケットだったのですが、非常に良い席で後半開始直前に談笑してる選手とか、レフリーにキレまくってるFC東京のポポヴィッチ監督を間近で見ることが出来ました。広島のGK西川の超正確なフィードなど、やっぱり生で見ると違います。

個人的には、自分が望むタイミングでボールを渡してもらえなかったので、ボールボーイにマジ切れする広島のミキッチが印象深かったです。

さて、僕がすっかりスタジアムから足が遠のいてしまったのには理由があります。
それは結婚して、子どもが生まれたからなんですね。“筋金入りのサポ”というわけでもない僕としては、寒い中、すぐグズる小さい子を連れてまで見に行くのはやっぱり辛いんですよ。
この日も、開始15分ぐらいで3歳になる娘が退屈しだして、どこかに行きたいと言い出しました。

こういう状況、小さいお子様がいる家庭ならば誰しもが経験したことがあると思います。
こうなると知っていながら、家族をサッカー観戦に誘うのは気が引けてしまう訳ですが、国立競技場ならば近くに、子どもにうってつけのスポットがあるんです。

それがにこにこパークです。
大人300円、子ども100円という超リーズナブルなお値段で小さい子どもを遊ばすことができるプレイスポット。国立競技場から徒歩5分圏内に、すべり台など子どもが喜ぶ遊具が一通りそろった場所があるのです。子どもと奥さんは、こちらで2時間程遊んでてもらって、その間旦那はゆっくりサッカー観戦…という役割分担がこのスポットを使えば可能になるのです。

これから改修に入るため、現行の国立競技場で行われるプログラムは残り少なくなっています。
「高校サッカーの決勝や準決勝も見に行きたいけど、子連れだとなぁ」という理由で尻込みしている方は是非、利用してみてほしいと思います。