過激なタイトルでこんばんわ。忘年会シーズンですね。忘年会といえば、カラオケです。
カラオケといえば、30代ならBOØWYの「ONLY YOU」一択ですわな(暴論)



先日、年下の同僚と話していたところ、彼はこの名曲の“合いの手”を知らないというんです。
なんということでしょう!Goolge先生もサジェストしてくれるぐらいなんですよ。

無題

憤慨して、その場にいた年代の近い同僚たち、上司に確認したところ他数人しか知らない始末。
彼らいわく、
「なんだ、それは?」
「下ネタじゃねーか」
「一部地域だけなんじゃないの?」
そうおっしゃるのであれば、僕も世に問うてみるしかないということでこのエントリを書いている次第です。

読者の皆さんは、当然知ってますよね?リアルタイムでBOØWYを知らなくても、兄弟や会社の先輩に教えられて必ずどこかで触れているはずです。本来であれば改めて書くほどのことでもないのですが、この“合いの手”を説明しましょう。通常、「ONLY YOU」のサビは以下です。

ONLY YOU そのままで
ONLY YOU かざらないで
ONLY YOU たった一度
ONLY YOU オマエだけに

それに以下のように合いの手を入れるのがスタンダードなパターンです。かっこの中が合いの手です。みんなで合いの手を入れると一体感が生まれて盛り上がります。たぶん。
Only You そぉ~のま~ま~でぇ~♪(そのままそのままそのままで)
Only You 飾~らな~いで~♪(飾りじゃないのよ涙はハッ!)
Only You たぁったいちぃ~ど~♪(一度と言わずに二度三度)
Only You おまぁ~えだ~けに~♪(前から横からバックから)

これの細部が変わったり、様々な下ネタを絡めたバージョンがあるようです。

■参照
【ファンキー通信 昭和編】カラオケの“合いの手”は今も通用するのか!?
BOOWYのONLY YOUの合いの手

では、実際に歌っているところも聞いてみましょう。
BOOWY - ONLY YOU(合いの手) ※あまりに下ネタがひどいのでリンクのみにします

いかがでしたでしょうか?
そもそもカラオケの合いの手の起源は古く、お神酒を奉げる際の祝詞までさかのぼるんです。 そう柳田国男が言っていたとみうらじゅんが言ってました(コールだったかもしれない。)

皆さんもカラオケで「ONLY YOU」を歌う方がいたら、楽しく合いの手を入れてやってください。ちなみに俺はもうしません。反省してます。