日々、会社で奮闘を続けるサラリーマンの皆さんなら、一度は「島耕作」シリーズを手に取ったことがあると思います。wikiによるとコミックス累計発行部数は約4,000万部ということで、その影響力の大きさが伺えます。

俺も熱狂的なファンでして、新卒2〜3年目ぐらいの時に、課長、部長、取締役、常務、専務あたりまで読破しました。社長、会長、ヤングあたりまではカバーしていないのですが、それでも熱狂的なシマコーファンを自認しております。(一番好きな女性キャラは鈴鴨かつ子です)。

島耕作といえば、仕事の難題を大体ねんごろになった女性が解決してくれることで知られておりまして、某所では経験人数の単位を「1シマコー、2シマコー」とカウントする文化が醸成されつつあるそうです。

さて、今週末、そんな島耕作ファンなら見逃すことができないイベントが行われます。
それが「「初芝電器産業(株)入社試験」(課長 島耕作検定 会場試験)」です。

島耕作

俺、今の職場が結構気に入ってるのですが、さすがに初芝電算から内定が出たらそちらを選ぶと思います。何しろ、初芝電算に入社したら、アメリカに単身赴任してアメリカ人の彼女と黒人男性を含めた3人とつきあったり、そのアメリカ人との間に生まれた子どもがニャッコとかいうダサい芸名で歌手デビューして逆輸入されたりと波瀾万丈な人生が約束されているのですから。さらに、上司から譲り受けた愛人用のマンションで「東京タワーキャンドル」ができるのかと想像すると身震いしますね。

というわけで週末が楽しみです。