ブログ仮免許

30代のWeb編集者のブログ。ブログ名は、山口瞳さんの「人生仮免許」リスペクト。月間PVが10万超えたら「ブログ免許取得済み」にする予定です。


こういうネタを書いてる自分って何だかすごく老害っぽいなぁと自重しつつも、こんなTweetを拝見しまして。


僕も20代前半ぐらいの頃は、ガンガン中本食って、翌日もピンピンしてる健啖家でしたが、最近はダメージが残ることもしばしば。

ところが、先日は己の誕生日だったということもあり、調子に乗ってチャレンジしてしまったのです。そう「北極の火山」に。

2016-08-05-13-41-43


普段は野球の話ばっかりしてますが、一応高校までサッカー部だった僕です。

我らがオリンピック日本代表が、壮絶な打ち合いの末に初戦を落としました。こうした大きな大会の際に、毎回言われるのが、

「初戦を落とすと厳しい」

という話です。

では、実際問題、どれぐらい“厳しい”のでしょうか?。過去にさかのぼって調べてみました。

対象は出場国が16カ国が4つのリーグに分かれてベスト8を争う現在の方式になった東京からロンドンまでの間に行われたオリンピック。(東京、モントリオールでは出場ボイコット国が出たため13チームの参加。ミュンヘンは、予選1位の国がいきなり準決勝に進む形式だったのでノーカウント。全体的にwikiベースなので、間違いがあったら優しく教えてください。)

表


今週の日曜日は、東京都知事選の投票日ですね。

小池、増田、鳥越のいわゆる“主要三候補”以外にも18人の方々が候補者として立候補されています。その中でも、一部の好事家から熱狂的な注目を集めているのが、後藤輝樹候補。

NHKの政見放送で、放送禁止用語を絶叫しまくるなど型破りなスタイルで注目を集めている後藤氏ですが、ブログなどを読んでいると、一見ムチャクチャなようですが、その裏には筋の通ったものというか、パッションというか、後藤氏なりの「政治への思い」みたいなものを感じるんですよね。

そんな後藤氏による伝説の政見放送が先日、ポリタスによって書き起こされ、注目を集めていました。

【都知事選2016】後藤輝樹候補 政見放送 書き起こし(ポリタス編集部)|ポリタス  参院選・都知事選 2016――何のために投票するのか  【都知事選2016】後藤輝樹候補 政見放送 書き起こし(ポリタス編集部)|ポリタス 参院選・都知事選 2016――何のために投票するのか

これだと本当に放送禁止用語を叫んでいるだけですが、型破りではあるものの、もう少し後藤氏の熱い思いが伝わるような政見放送を見つけたので、こちらを書き起こしてみました。